Home > Products > JD-ONE

JD-ONE

クラウドシステムのすべての構成要素と最新技術が統合されたオールインワンアーキテクチャ。

JD-ONEはクラウドを構成するために必要なH/W的な構成要素をHCI(Hyper-Converged-Infrastructure)技術に結合されたAll-in-One Applianceです。 最適のアーキテクチャの構成を安い費用で構成し、一緒に提供される仮想化ソリューションJDESKTOP Enterpriseでシンプルなクラウドシステムの統合管理を保証します。

JD-ONE 프로세스

構成図

JD-ONEの核心技術であるHCIは、仮想化システムとScale Out方式の線形拡張性を保障するGlusterを統合した構造で、 ノンストップノードの拡張やこれによる完全な分散処理の保障として、膨大な量のデータの収容が可能であり、迅速で効果的に処理できるように構成されています。

JD-ONE 구성도

特徴とメリット

簡単な構成

  • サーバ、ストレージなどH/W資源の統合による上面空間最小化
  • -誰もが簡単にクラウドを構成することができる、簡単で明瞭な管理ツールを提供

管理の便宜性

  • HW、SW、OSを個別に管理せざるを得なかった、従来のインフラ環境短所の克服に対するワンポイント管理機能
  • 管理者ポータルとユーザーポータルを利用して、管理ポイントを減らしユーザーの便宜性増大

拡張性

  • システム拡張時にすべてのハードウェア資源を購入した過去の方式と違い、正確に必要な資源だけを算定して拡張
  • ミッションクリティカルなインフラ環境まで収容できる汎用性を確保

独立性と柔軟性

  • 従属性によって構成に限界があった従来のインフラ方式とは異なり、JD-ONEのみで独立的なアキテクチャを構成することが可能
  • 従属的制限から外され、どのような構築環境でも効率的な構成と柔軟な拡張性を保障

TOCの削減

  • 管理範囲が最小化することによってインフラ運営及び管理費用削減
  • 自体クラウドソリューションを基本的に提供することによるソリューション導入コストの削減

適用分野

サーバ仮想化

  • 本サーバにコンピューティングリソースアクセスして利用
  • 仮想マシンを通じ、それぞれ異なる運営体制利用
  • 多様なサーバアプリケーションを効率的に運営
  • 運営コストの低減及び効率的なサーバ資源活用

デスクトップ仮想化

  • 内部IT資料を中央に集中して管理
  • 一括的なセキュリティポリシーの適用および復旧が可能
  • 新規、遠距離作業者たちの円滑な業務環境の提供
  • 論理的ネットアーク分離・適用

U2L(Unix To Linux)

  • システム性能と安定性が向上したx86プラットフォーム活用
  • スピーディーな処理速度及び安定的な環境を低価格で構築
  • 多彩な機能のアプリケーションと互換が容易
  • 拡張が容易、会社への従属性が少ない(Cloud Platform)

Private Cloud

  • 企業が直接構築して運用する構築型Cloud
  • 望んでいる形でCloudリソースを構築
  • 構築及び管理に困難な短所をJD-ONEを通じて克服
  • 構築期間の短縮

目的に応じた多様な活用

  • 大規模なだけでなく中小規模の構築にも効率的
  • PC交代、運営体制の購買、電力使用コスト削減
  • いつどこでも業務が可能な環境の提供(スマートワーク
  • コンテンツと内部システムの流出遮断