Home > Business > 事業領域

事業領域

FusionDataは独自の技術力として開発された製品を通じてクラウドおよび仮想化事業を主導しています。

ユーザーコンピューティング環境の変化に対応するため、クラウド基盤の仮想化システム構築及びサービスを提供し、 これを通じてユーザーはすべての情報をインターネット上のサーバーに保存し、この情報を各種IT機器を通じていつでもどこでも利用できるように提供します。 また、仮想化サービスを通じて業務ネットワークとインターネット網を分離し、外部のセキュリティ脅威から安全に保護します。

가상화, 인프라, Maintenance, Implementation, Consultin, 망분리

仮想化

FusionDataの仮想化技術は、多様な分野に使用されており、いつどこでもユーザーの端末で個人の仮想環境に接続することができます。 サーバー仮想化、デスクトップ仮想化、U2L、Private Cloudなどの分野で活用され、TCO削減、中央管理及び統制、セキュリティ強化、 スマートワーク環境の構築等を目的とする企業の仮想化環境構築を支援しています。

가상화

物理的効率性:TCO削減/ROI増大

  • 管理対象サーバーの数量削減
  • 占有スペース減少
  • Cableの減少
  • 電力消耗量減少などによるGreen IT実現

管理効率性:中央管理及び統制

  • 新入社員、契約や派遣社員の業務環境の提供が容易
  • 障害発生時のIT管理者が中央で一括の復旧および制御可能
  • HA構成を通じて、障害による業務資料損失を未然に防止

セキュリティ強化:内部資料流出防止

  • すべての資料がサーバーに保存されているため、内部職員の悪意的な流出を遮断
  • 業務/インターネット網を閉鎖し、外部の侵入から安全保障

業務効率性:スマートワーク環境構築

  • 従来の業務環境について大きな変化を与えず、ユーザーが即時に適用する
  • ユーザーは、外部または自社でも個人仮想デスクトップに接続し、業務可能

ネットワーク分離・ネットワーク連携

個人情報流出、会社の機密資料流出など、サイバーセキュリティ脅威が知能化されています。 これに韓国政府は業務ネットワークとインターネット網を分離構築するように多様な政策と法案を発表してネットワーク分離の施行を義務化しています。 FusionDataは多数のネットワーク分離、ネットワーク連携事業構築及び経験を通じて顧客の安全なネットワーク分離事業を成功的に遂行できるように保障します。

ネットワーク分離システム構築事業

業務ネットワークと外部ネットワークを分離し、外部からの侵入に備えながら、内部データ流出を遮断する情報セキュリティの構築事業

Network Separation System Building Business

ネットワーク連携システム構築事業

分離されたネットワーク間の資料伝送時、セキュリティ管理者の政策及び承認後、ネットワーク連携システムを通じた資料伝送システム構築事業

Network Connection System Building Business

インフラ

顧客の安定的なクラウドサービス運営環境を提供するため、専門的なコンサルティング人材を含めたICT Infraの構築チームを運営しています。 多数の構築事業の経験とH/W、ベンダーとの綿密な協業をもとにITインフラ企画、設計、運営だけでなく、迅速な障害受付け、 処理やシステマチック維持保守など安定的な事後管理サービスを提供します。

Infrastructure

コンサルティング

仮想化環境導入のために、顧客の現在運営中のインフラの構成に対する分析、今後導入が必要とされる、アーキテクチャーなど、 考慮したオーダーメイド型コンサルティングサービスを提供します。

構築

クラウドサービス、データセンターのネットワーク分離及びネットワーク連携、スマートワーク環境などのさまざまな事業に対する構築や、 拡張に必要なサービスを提供します。

維持保守

仮想化やネットワーク分離環境構築が完了した後も、最高の技術力を持った自社の人材とパートナーの技術協力を通じて安定的な維持保守サービスを提供します。